Condition


距離 :6900 m

斤量 :セン馬(牡馬)70kg、牝馬68kg

年齢 :6歳以上

障害数:31

総賞金:5.000.000 Kč、一着賞金は2.000.000Kč

 

各国の障害競馬と同様に牡馬はまず出てきません。負担重量はヨーロッパ障害競馬としては一般的なもので、2016年から2kg増加しました。出走頭数は15~25頭ほど。近年出走馬を厳選する傾向があるようです。コースの中には森もある広いPardubice競馬場を走りますが、走路はフランスのCross Countryと同じように芝とダートが混在しています。ただし、踏切地点及び着地地点は全て芝となっています。コースには急カーブも存在し、滑って転倒するリスクも孕んでいます。

 

参考1

チェコダービーの総賞金は2.500.000 Kč、一着賞金は1.000.000Kč。なんとダービーよりも賞金額が高いのです。ときどきダービーを勝った馬がその後障害を走っている国です。

 

参考2:障害数

(英)Grand National (G3)              :30

(愛)Irish Grand National (Grade A)        :24

(仏)Grand Steeplechase de Paris (G1)    :23

(伊)Gran Premio Merano (G1)            :24

(波)Wielka Wrocławska          :25

(白)ING Grand Steeplechase des Flandres  :25

(新)Great Northern Steeplechase (G1)       :25

(日)Nakayama Grand Jump (G1)                  :12

 各国を代表する障害レースの障害数。ただしSteeplechase / Cross Countryの違いがあるため一概には比べることは出来ないことに注意してください。あまりにも別格過ぎるGrand Nationalと世界的に特殊な中山グランドジャンプは別として、フランス、イタリア、ニュージーランドはいずれもSteeplechaseのカテゴリーに属します。ベルギーのING Grand Steeplechase des FlandresはCross Countryとされていますが、障害の性質としてはSteeplechaseの方が近いかもしれません。各国の代表的なCross Country競争をまとめると下記のようになります。

(英)Glenfarclas Cross Country     :32

(愛)La Touche Cup          :35

(仏)Prix Anjou-Loire Challenge (Listed)  :50

(仏)Grand Cross de Craon (Listed)   :31

(仏)Grand Cross de Pau (Listed)    :31

(伊)Premio Delle Nazioni (G2)        :34

 Prix Anjou-Loire Challengeは世界最長距離を誇るCross Countryです。ただし、Premio Delle Nazioniでは、複数の障害を組み合わせた障害が存在し、公式が発表している数字ではそれらは一つの障害としてカウントされているため、表面上の数字よりも実際に飛越する回数は増加していることに注意してください。