Condition


距離 :4m 2f 74y (=6907m) 

斤量 :Handicap (~11st10lb)

年齢 :7歳以上

障害数:30

総賞金:£1,000,000、一着賞金£561,300

 

 近年スタート位置の変更などに伴い、若干距離が短くなりました。各国の障害競馬と同様にセン馬がほとんどであり、牡馬はまず出てきません。牝馬も出走しますが、1951年のNickel Coin以来勝ち星はありません。年齢は7歳以上に限定されており、最高齢勝利は1853年の Peter Simple(15歳)です。

 斤量はかつては12st台(76kg~)を背負うこともありましたが、現在は最高で11st10lb(=74.4kg)に設定されています。レーティングで斤量が決定するハンデ戦となっており、斤量の上から順に最高40頭の出走が可能です。そのため最軽量は必ずしも一定ではなく、2014年は10st1lbのSwing Billが最軽量、2013年は10st0lbのSollが最軽量でした。なおBrexitの直後の2017年のGrand Nationalでは、主にアイルランド調教馬のレーティングが高めに設定されたことでひと悶着あった模様。

 障害数は30と設定されていますが、様々な理由で障害の迂回が行われる可能性があるため、必ずしも30回の飛越を行うわけではありません。

 ちなみにNovice馬も出走可能であり、2016年の勝ち馬Rule the WorldはこれがSteeplechase初勝利となりました。出走馬はイギリス及びアイルランド調教馬がほとんどです。フランスの馬が参戦することもありますが(例:2015年のRiver Choice)、1867年のCortolvin以来勝ち星はありません。アマチュア騎手が参戦することもありますし(2017年のJamie Codd、2着)、女性騎手は近年では毎年のように参戦しています。

 

2018年のスケジュールは以下の通りです。

1/30 Entries

1/31 Entries revealed(105頭)

2/13 Weights revealed(104頭)

2/27 First Scratching(90頭)

3/20 Second Scratching(73頭)

4/9   Five-day confirmation

4/12 Final declarations

 

・参考

斤量換算表(ポンド・ストーン ⇔ キログラム)