Hurdle / Chase / Cross Country


 障害競馬は飛越する障害のタイプを元に、大きく3つのカテゴリーに分けられます。Hurdle / Steeplechase (Chase) / Cross Countryです。国によってはCross CountryをSteeplechaseに含めることもあります。また、これとは別に、イギリスやアイルランドのように障害馬専用の平地競馬(National Hunt Flat Race = Bumpers)が存在する国もあります。一方で、このようなカテゴリー分けが存在しない国として日本が挙げられます。

 Hurdle競争においては、どの国も比較的小型で均一な障害を使用します。例えば、写真はイギリスのCheltenham競馬場に存在するHurdle障害です。イギリスにおいてHurdle障害の大きさは3½ feet ( = 約107cm) のものと小型であり、馬が足を引っ掛けた際には倒れるように設定されています。フランスでは"Haies"、チェコでは"Proutky"、イタリアでは"Siepi"、ノルウェー辺りでは"Häck Galopp"と呼ばれていますが、障害の形態は国によって若干異なります。例えばイギリス、アイルランドのHurdle障害はほぼ同じであり、オーストラリアではそれよりも倒れやすく、柔軟性に富んだ障害を用いています。また、イタリアのSiepiは日本における生垣障害に近いものを使用しています。レースとしては比較的若い馬が多く、スピード能力を存分に生かしたレースが行われています。

 Chase競争においては、比較的大型で多様性に富んだ障害を用います。例えば、写真はイギリスのChase障害(Plain Fence)です。イギリスにおいては障害の高さは4½ feet ( = 約135cm)以上と決められています。Steeplechaseと表記することもあります。障害の形態は国によって大きく異なっており、イギリスやアイルランドにおいては写真のように掻き分けて飛越することのできない障害を用いるほか、フランスではHurdle障害から非常に大型の生垣障害まで多様な障害を使用します。また、障害の手前に空壕が設けられているものや(Open Ditch)、障害のあとに水壕が設置されているもの(Water Jump)も存在します。なお、アメリカSteeplechaseではTimber Railと呼ばれる木製の柵を障害として用いています。出走馬はどちらかというとHurdleを走って飛越技術を磨いてから出走してくる馬が多く、飛越技術や持久力を生かしたレースが展開されます。

 なお、イギリスGrand National (G3)で用いられるAintree競馬場のNational Courseでは、障害の上部約35cmの高さまでトウヒの枝が積み上げられています。これはAintree競馬場にのみ存在する特殊なもので、年に5回のみしか用いられません。

 また、ドイツBad Harzburg競馬場やHamburg競馬場にて開催されている池の中を泳ぐ障害競馬はSeejagdrennenと呼ばれています。特殊なレースですがカテゴリーとしてはChaseに属します。フランスやポーランド、イタリアにも池を渡る障害競馬はありますが、ドイツと異なり非常に浅い水たまりのような水壕となっています。

 Cross CountryはChaseよりもさらに多様な種類の障害を使用します。障害自体の難易度としてはChaseとはさほど変わらない一方で、その障害の多様性からより器用な飛越が求められます。写真はイギリスCheltenham競馬場のCross Country Raceの最終障害です。Cross Countryは全て欧州で行われており、特にフランスやチェコで盛んです。チェコのVelka PardubickaもCross Countryに属します。障害としては通常のHurdleやSteeplechaseのほか、飛び乗り台や飛び降り台、巨大な塚、石垣障害や連続障害、池、急激な坂道など多様な障害を用います。競馬場ごとの独自色が非常に強く、特定の競馬場のみを専門に使っている馬もいるようです。