Class


Novice (ノービス)

 イギリス、アイルランドにおいて、日本では見られないNoviceというカテゴリーが存在します。イギリス・アイルランドの障害競馬シーズンは10月から始まり4月に終わるため、例えば2016-17シーズンという形になります。前のシーズンまで当該カテゴリーにて未勝利であった馬(出走の有無は問わず)はNovice馬という扱いになります。例えば前のシーズンまでHurdleで勝利、Chaseでは未勝利だった馬は、ChaseではNovice馬になります。HurdleではNovice戦に出走することは出来ません。この馬の場合、このシーズン中にChaseを何勝してもシーズン中であればNovice戦に出走できます。

 なお、Noviceと対比させるクラスとして、Novice戦を勝ち上がった馬をSeniorということがありますが、Noviceという単語と比べるとさほど使われません。

 Novice馬がSeniorクラスに出走することも多くあり、これは馬の適性や能力を見て出走レースが決定されるようです。ただし、Seniorクラスの重賞レースをNovice馬が制することは稀です。有名なところでは、2015年のCheltenham Gold Cup (G1)の覇者Coneygree(1974年のCaptain Christy以来)、2016年のKing George VI Chase (G1)のThistlecrack(Novice馬として史上初)、2016年のGrand National (G3)のRule The World(というかChase未勝利馬)が挙げられます。

 Novice戦はイギリス、アイルランドでは非常に多く存在し、短距離・中距離・長距離Hurdle / Chaseに付随した路線として整備されています。ノルウェーやニュージーランドでもわずかに開催されています。ポーランドでは特定期間中に所得した賞金で制限がかけられているようです。

 

Prestige Jumping Race (PJR)

 ニュージーランド障害競馬特有の用語。要するに重賞を指します。Grand National Hurdles / Steeplechase、Great Northern Hurdles / Steeplechaseなどが含まれます。