Leading Jockeys and Trainers


Josef Váňa

 

チェコ障害競馬界における生きる伝説。1952年生まれで現役の調教師兼騎手。Velká pardubickáはŽelezník、Vronsky、Tiumenで騎手として計8回、調教師として計9回制しています。騎乗数はかなり少なくなりましたが、未だに騎手もやっています。背中を丸めて馬に乗り、落馬しても元気に帰ってくる姿はもはや人の領域を超えています。いつか日本にも来て欲しいところ。

Josef Váňa ml.

 

なんと26歳で身長180cmのイケメン。Josef Váňaの息子さんで、Josef Váňa厩舎の有力馬によく乗っているようです。MeranoやMilanoなどのイタリアのコースも熟知した騎手。フランスにも行くようです。どこか父親にも似たところがあるような。

Josef Bartoš

 

チェコを代表する名手。この人もJosef Váňa厩舎の馬によく乗るようです。Velká PardubickáはSixteenとDecent Fellowで計2回勝利しています。現在騎手の中では通算勝利数1位。イタリアやポーランド、フランスへの経験も豊富なようです。

Dušan Andrés

 

1971年生まれのおじさま。České derbyもVelká pardubická (Stxteen)も勝っている相当な名ジョッキー。チェコだけでなく、イタリアやポーランドにも遠征しています。直線を向いてからのド派手なアクションは力が入ること請け合い。ところでJockey Clubの写真はなんか戦前くらいのスポーツ選手っぽいんですけれど、いつ撮ったものですかね。

Marek Stromský

 

1974年生まれのおじさま。Velká pardubickáでは2008年にAmant Grisにて一位入線も走路を間違えたとして失格、2015年はNikasと一位入線を果たすも同馬から禁止薬物が検出されたとして失格の憂き目にあった騎手。Velká pardubickáにはなかなか縁がないですが、けっこう上手いのでいつか勝ってほしいところ。

Jan Faltejsek

 

1983年生まれ。Velká pardubickáは名牝Orphee Des Blinsで3回、Charme Lookで1回勝利しています。チェコ国内はもちろん、イタリアやポーランド、フランスやイギリスにも乗りに来ることがある模様。とにかく前に行った時のペース配分は素晴らしいものを持っています。