Aintree Racecourse 5


・荷物

Cheltenham Festivalほどの大混雑ではありませんが、さすがに場所によってはかなりの人混みになります。やっぱり軽装がおすすめ。チケットには大きな荷物は入り口で預けてくださいとか書いてありましたが、どうも係員によってかなり基準が曖昧のようです。

 

・レーシングプログラム

レーシングプログラムは事前のチケット予約の際にオプションとして追加できます。受付でチケットを見せれば渡してもらえます。確か5ポンド。その辺の売店でも売っていた模様。Grand Nationalだけはあまりにも頭数が多いので見開きページになります。

 

・インターネット

Jockey Club Wifiが飛んでいます。スタンドに行くと全く繋がらなかったCheltenhamよりは繋がりやすかった記憶。

 

・気温

陽が出るとやや暖かくはなりますが、3月の日本くらいの気温を想定した方がいいかなと。雨の日はとても寒かったのでヒートテック2枚重ねにしていました。場内の売店で勝負服柄のマフラーを売っているので調節にはこれがおススメ。Altiorの勝負服柄のがあってちょっと惹かれたんですが、どうにも色合いが地味なんですよね。

 

・ドレスコード

通勤に使える程度の服装+アルファをしていれば問題ないかと。よほどお高いレストランでも予約しない限り、Royal Ascotなんかを想像してキメなくてもよいのでは。日本の競馬場に比べればさすがにお洒落ですが。というかそれなりに混雑しますし結構広いので、動きやすい格好をした方がいい気がします。ハイヒールを履いてきたはいいものの、帰り道には歩けなくなって、その辺で配っているサンダルを履いて帰るおばさま方がたくさんいました。

・おみやげ

写真のようなものを買ってきました。レーポスはその辺の駅の売店で。他には歴代大レースの勝ち馬の勝負服柄バッチとか売っています。あとは競馬とは関係ない衣服とか装飾品とか。