From Tokyo to Liverpool


 例によってAintreeまでの移動編。Aintreeの最寄りはLiverpoolになりますが、朝に東京を出て、Liverpoolの夕方に到着するくらいのスケジュールになります。

 東京からManchester空港への直通便はないので、KLMオランダ航空のスキポール空港経由便を利用しました。例によって機内では恋は雨上がりのように宇宙よりも遠い場所を見ていた模様。ロシア上空にいても心は南極。途中でパスポート失くしたりと意外と心をえぐってくるアレ。スキポール空港はトランジットとしてとても便利な空港で、途中に売店やレストランもたくさんあります。とにかく移動が容易なのでトランジットが快適なんですよね。悪名高いどこぞの空港は見習ってほしいところ。

 歩いているだけで楽しいスキポール空港。

 なお、スキポール空港からManchesterまでは小さな飛行機に乗り換えて2時間ほどのフライトになります。隣にデカい外人が座ったため人権がなくなりました。フライトのクオリティは隣人で決まります。カモン空席!

 Manchester着。Heathrowとかいう空港の入国審査は2時間くらい掛かりましたが、Manchester空港の入国審査はガラガラで5分ほどで終了。そもそも外国人がわたしだけだったという。入国審査はLiverpoolにいるんやでとか言ってたら終わりました。Manchester空港からManchester Airport駅までは看板に沿って歩いて行けば15分ほどで着きます。ここからはNorthern Railwayに乗車して、Liverpool Lime Streetまで。だいたい1時間ちょっとの乗車時間。前もってネットでチケットを購入しておけば、Northernのアプリ内に表示されるQRコードを改札でかざすだけで入場できます。車内はボックス席がほとんどですが、トイレと車いす用スペースの傍にはシングル席があります。中の人のようなコミュ障にはありがたいところ。

 Liverpool Lime Street駅。ちなみに中の人はこの数週間後にアメリカのクソ田舎に行って、食べるものがなくてひもじい思いをしたので、たいてい売店で数ポンドのサンドイッチが売っているイギリスが素晴らしいと思いました。サンドイッチならだいたい何を食べても美味しかった記憶があります。