Obstacle Features


 もう少し簡単な解説はこちらをご覧ください。

 

・Hurdle / Haies (FR) / Siepi (ITA) / Proutky (CZE) ...

 置き障害と訳す向きもあるようですが、国によってはHurdleが固定障害である場合もあり、微妙に正確ではないです。基本的にイギリス、アイルランド、オーストラリアは柔らかい素材を使った小型の障害で、馬が蹴飛ばしたときに倒れる仕組みになっています。ときどき蹴り飛ばしながら進む馬もいる模様。イギリス、アイルランドでは最近Hurdle障害に使用されている素材が変わり、より柔らかくしなやかな素材に代わりました。これに対してニュージーランドやチェコ、スウェーデン、ノルウェーのHurdleは倒れないように固定されています。ポーランド、ドイツ、ハンガリー辺りのHurdleはもう少し大型で、どちらかというと新潟競馬場の置き障害に近い形状となっています。これよりもさらに大型なのがベルギーのHurdle障害。イタリアのSiepiは小型の生垣障害です。このクラスの障害を国によってはSteeplechaseと称している場合もあります。フランスのHaiesは他のHurdle障害とは若干異なり、小型ながらも足を引っ掛けた際の落馬のリスクが高いものとなっています。ただしフランス障害馬は若くから飛越技術がよく鍛錬されていることが多く、レースも高い飛越技術が前提となるものとなっています。

 

・Steeplechase

 国によって大きな差異が生じてくるのがSteeplechaseです。イギリス、アイルランドでは最低約135cm以上の障害と決められており、木の枝が密に束ねられているため馬が掻き分けて飛越することは難しいものとなっています。一方でフランスのSteeplechaseでは多様な障害を使用し、生垣障害、Haiesを二つ並べた障害(Double Barrier)、Bull Finch(木の枝を掻き分けて飛越する障害)、Water(水壕障害)、Timber Rail、石垣など、比較的多様な障害を使用します。イタリアSteeplechaseは比較的高さのある生垣が中心ですが、Muro(土塁)やTimber Rail、さらにOxer(二つの生垣障害を並べたもの)も使用します。ベルギーにおけるSteeplechaseは欧州Cross Country SeriesのCrystal Cupの一部となっていますが、生垣障害が殆どであり実質的にはSteeplechaseの性質を強く持ちます。スウェーデンSteeplechaseは比較的大型の生垣障害が中心です。一方でポーランドにおけるWrocłow競馬場のSteeplechaseはCross Countryに近い性質を持っています。チェコ・スロバキアのSteeplechaseはProutky(Hurdle)に近く、若干の障害が追加されている程度です。SteeplechaseとProutkyではさほど出走馬も変わりません。

 ドイツでは他国と異なり、池の中を泳ぐ障害競馬(Seejagdrenenn)を見ることが出来ます。フランス、ポーランド、イタリアなどにも池の中を渡る障害はありますが、ドイツと異なり浅い池のようになっています。

 イギリスAintree競馬場には、世界で唯一となるNational Courseが存在します。ここには通常のイギリス式Chase障害の上にトウヒの枝を35cm以上積み上げた巨大な障害、National Fenceが存在します。このコースは年に5回のみ使用され、その1回が世界最高峰の障害レースとして名高いGrand Nationalとなっています。

 一方で、オーストラリアSteeplechaseはやや日本の障害に近い性質を持ち、掻き分けて飛越することが可能な比較的小型の障害を使用しています。障害はほぼ同一のもの(Bull Finchに近い)を使用し、一部の競馬場で小型の二連続障害が設置されている程度です。ニュージーランドSteeplechaseでは生垣障害とBull Finchが主ですが、オーストラリアよりも大型で、多様性に富んだ障害が存在しています。特にEllerslie競馬場に存在する巨大な丘であるEllerslie Hillは有名です。

 

・Cross Country

 主にフランス、チェコ、そのほかイタリア、イギリス、アイルランド、ポーランドなどで行われていますが、競馬場ごとの違いが非常に強く存在します。イギリスCheltenham競馬場のCross Countryは生垣障害が中心ですが、Timber RailやBank、Drop、Aintree Canal Turnなどの障害も設置されています。また、生垣障害の中には中央で二分された障害(Split Fence)も存在します。アイルランドPunchestown競馬場はBankが多用されています。チェコのCross Country Courseはフランスのものに近いですが、Pardubice競馬場にはBankは2ヶ所しか存在せず、生垣障害とDitchを組み合わせたものが主体となっています。Timber Railや石垣も存在しますが、全体的にはフランスCross Countryよりもスピードを要求する障害が多く設置されています。イタリアMerano競馬場は小型の障害が小さな堀のようなものを挟んで置かれた障害が存在し、特に短距離戦では主に使用される障害となっています。3連続生垣障害、2連続Timber Railなど、他には見られない特色のある障害が設置されています。短距離戦では飛越の器用さとスピードを要求するのに対し、中長距離戦からは高さのある生垣を使用し、飛越の技術もまた要求するレースとなっています。